日本ピラミッド伝説と古事記の里のさざ波の石

日本銘石・フェアリースキンサファイアは伝承の集まるパワースポットにあった!

 
令和ですね。いま、ニッポンを振り返ろう!
みんなで良き時代にしていきたいですね!
本日はニッポンの石とそこにまつわる伝説の話。

 
中東から、中米から、ヒマラヤから旅して、我が家には石が集まってまいります。
石に国境はなく、ただ、時間と距離の旅。
でももっと身近に、日本の各地に「銘石」と呼ばれる石があるのです。
「日本銘石」に数えられるフェアリースキンサファイアをご紹介!
フェアリースキンとは、その質感による俗称だと思われます。
正式には葉ろう石、パイロフィライトです。

 
日本銘石 フェアリースキンサファイア 葉ろう石

 
日本でのろう石の主産地は岡山にありますが、灰青の紋が浮かぶものは広島県庄原市勝光山が中心になります。
勝光山を検索すると大きな鉱業会社の名が出てきます。
ろう石を加工した建材はもちろん、食品トレーや化粧品、医薬品、自動車部品など
びっくりするくらい身近なものに利用されているんですね。
株式会社勝光山鉱業所のホームページはとっても興味深いものでした。(かつひかりやま、じゃなくてショウコウザンなんだ・・)

 
日本ピラミッドを知っていますか?

 
突然ですが、ファンタジーすきですか?
わたくし、何を隠そう、すっごく好きなんです。
ファイナルファンタジーじゃないですよ、好きですけどね?
いま、格闘士とクラフターのレベル上げしてるんですけどね?

 
伝説とか伝承、オーパーツ的ななにか、みたいなもの。

 
今回、浮かび上がるブルーに魅せられてフェアリースキンサファイアを手に入れるにあたって産地をみれば、
「広島県庄原市」と。
お?ピラミッドのあるところやん?
ピラミッドといえば、エジプト、マヤ!
あるんですよ、日本にも。それっぽいもの。

 
どこから見ても三角の山、葦嶽山。
これはピラミッドだ!・・・といったのは酒井勝軍という人。
たぶん、変人と揶揄されたと想像。
けど、その頂上に、どう見たって人工的な配置の巨石群。
さらに尾根続きの鬼叫山にも呼応するかのような方位石、鏡石と思しき巨石。
これをなんと説明するやっ!!!!

 
実は、ここ、行ったことあります。25年前かなぁ。
バイクでね、ぷらーっと。ソロで。あの頃乗っていたのははYAMAHAセロー君でした。
秋吉台がメイン目標でしたが、帰りは高速を使わず、ひたすらすいている道をたどる野宿旅。
ツーリングマップに「∴」のマークを見ると、ふらふらふらっと立ち寄る無計画旅。
一本杉だとか、滝だとか、そんなもの。
その時「日本ピラミッド」の文字発見。なんじゃそれゎ!
たどり着くとボロな看板。もとい!レトロな看板。

 
日本ピラミッド入り口

 
近辺には帝釈峡をはじめとする景勝地があるんですが、ここは取り残されたようなポイント。
今は、わかんないです。ずいぶん有名になって、栄えちゃってるかもしれません。

携帯も持っていない時代です。自分で撮った画像もありません。
上の画像はグーグルマップからお借りしました。

 
チョイスした道は葦嶽山ではなく、鬼叫山のほう。
軽く昇れる山道。装備はバイク用で、足元も体もがっつりカバーしているので、
少々の荒れ道や藪は平気です。
そして、そこかしこに大きな岩が・・・・。
神武岩、鏡岩、獅子岩、方位岩、ドルメン・・・。
ここに超古代の人々の祈りがあつまっているのだろうか。
まさに、パワースポット・・・。
 
この日本ピラミッドについてはとても分かりやすく説明してくれるブログがあります。
とても面白いのでご覧ください。

葦嶽山にある日本ピラミッド

 
なんてことはない山だったのです。
けれど、その山頂付近に腰をおろし、むこうの尾根に見える鏡石を眺め、
あれに何か反射させて通信でもしたんだろうか、
この三角のてっぺんが何かの合図でパカっとわれて地中からゴゴゴゴゴと円盤かなんかが飛び出すんだろうか、
ビームかなんかが発射されて日本中に五芒星みたいな印がめぐらされ、異次元にはいるんだろうか、
・・・・と、ひとり、佇む妄想世界。
ああ、そんなときが一番シアワセ。

 
さて!石の話に戻ろう!

 
青いコランダムのさざ波

 
東広島に親戚がいるのでよく行きますが、沼田川沿いの県道を走っていると
両サイドの山には垂直面をもつ大きな岩が露出しているのをよく見ます。
ああ、ここは断層の真っただ中なのだな、と感じるのですが、
実際先ごろの地震の発生など、関わりがあるのだろう、と想像します。
この地球の動きの名残のある山系に
ろう石は眠るのです。
広島のろう石はコランダム(ルビーやサファイアの類)やダイアスポアと共生しているそうで、
それは世界にも稀なのだそうです。
フェアリースキンサファイアに浮かぶ灰青の紋はまさにさざ波。
庄原に残る日本の超古代のパワースポットと
地球の営みが作り上げたアートな石の組み合わせは
なんともロマンチックで、手に包みその熱さを感じていたくなるのです。

 
フェアリースキンサファイアのアクセサリー

 
フェアリースキンサファイアをピアスやブレスレットにアレンジしました。
できるだけシンプルに、石の美しさを大切にするように考えています。
お試しください。

 
フェアリースキンサファイア ピアス
フェアリースキンサファイア タッセルピアス ¥4500

 
フェアリースキンサファイアとスモーキークオーツイヤリング
フェアリースキンサファイアとスモーキークオーツイヤリング ¥4500

 
フェアリースキンサファイア ブレスレット
フェアリースキンサファイアスライドブレスレット ¥3500

 


Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。