ちょっと落ち着こう

暗闇に 親を探すか 鹿の声

 
ざわざわしてる。
ウィルス、非難の応酬、デマゴーグ。

 
ゆうべ、小一時間も鹿の声が続いていました。
庭の下の藪から裏山の林道へ、走り回る気配。
迷子になっちゃたんでしょうか。
鹿の気にはかかわらず、
その声にしばらく耳を澄ますのです。
おちつきます。

 

 


Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。